誰もが頑張ってダイエットする理由は、「痩せたい=美しくなりたい」からですよね。
でも、40代になってから痩せると、「痩せる前より老けてみえる」ということが多々あります。

・痩せたらほうれい線が濃くなった
・痩せたらシワが増えた
・痩せたら頬がコケた
・痩せたら肌がカサカサになった

こんな老け方をしないためにも、40代は「老けない痩せ方」をこころがけましょう。



なぜ、痩せると老けるのか?

どうして痩せると老けてしまうのか?
ポイントは、「顔の筋肉」と「お肌の栄養」です。

顔の筋肉がたるむ

痩せると顔の脂肪もなくなりますが、顔の筋肉もおちて、その結果お肌がたるんでしまうことがあります。
すると、ほうれい線が濃くなったり、頬が落ちてブルドックのような顔になってしまうことも。

また、皮膚の再生力も年とともに弱っているため、脂肪と筋肉が落ちてしまったために皮があまり、シワが増えてしまいます。

40代になると筋肉や皮がたるみやすいため、ダイエットをするときにはその対策が必要になります。

お肌の栄養が足りない

食事制限によって、お肌にたんぱく質や油分が足りなくなると、肌荒れの原因になったり、お肌がカサカサになったりします。

ぷるっとした健康的なお肌を保つためには、タンパク質や油分は必要不可欠。
カロリー制限をする場合でも、お肌に必要な栄養はしっかり摂るように心がける必要があります。

老けずに痩せる方法

たんぱく質をたっぷり摂る

ゆで卵

たんぱく質は、肌や髪、筋肉などを作る大切な栄養素です。
食事制限によって、たんぱく質の摂取量が減ると、肌の弾力がなくなり、髪はぱさぱさになり、筋肉が落ちて、老けた痩せ方をしてしまいます。

肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など、毎食欠かさず摂って、たんぱく質不足にならないようにしてください。

良質な油を摂る

オリーブオイル

ダイエットをするときに、油はカロリーが高いので天敵と思われがちですが、そんなことはありません。
油が不足すると、体全体の潤いがなくなり、肌がカサカサになったり、シワシワになったりします。
もちろん、摂りすぎるとカロリー過多で太ってしまいますが、適度な油は老けない痩せ方をするために必要なのです。

油には、太りやすい油と太りにくい油があります。
油で太ってしまうのが心配な方は、オリーブオイル、エゴマ油、亜麻仁油など、太らない油を摂るといいですね。
1日大さじ1~2杯、サラダなどにかけて食べてください。

顔の筋肉を鍛える

40代女性の顔

体と同じように、顔にも筋肉があり、衰えるとたるみやシワの原因になります。
いつまでも若々しい顔でいるためには、顔の筋肉を鍛えることが一番です。

顔の筋肉の鍛える有名な方法は、3つあります。

「あいうえお」の動き


表情筋が鍛えられ、たるみを防ぎます。

舌の上下左右運動


ほうれい線を薄くする方法としても有名。

フェイシャルフィットネスPAO




口にくわえて振るだけで、たるみ、シワ、ほうれい線の予防になります。

>>PAOの詳細はこちら

夜更かしをしない

眠っている女性

わたしたちは、眠っている間に成長ホルモンというホルモンを分泌しています。
成長ホルモンは、アンチエイジングに大変有効なホルモンなのですが、加齢とともに分泌が減少してしまいます。

成長ホルモンをたくさん分泌するためには、夜10時~2時頃まで眠っていることが大切。
夜10時には寝られない人でも、少しでも早く寝るように心がければ、たくさんの成長ホルモンを分泌することができ、アンチエイジングに効果を期待できます。

ゆっくり痩せる

40代になると、皮膚の再生能力が衰えます。
そのため、急激に痩せて脂肪が減ると、皮があまって、たるんでしまうことがあるんですね。

体重を減らす目安としては、1ヶ月に「自分の体重×3%」くらいが理想的です。
60キロの人なら、1ヶ月に1.8キロです。

これくらいならば、皮があまってたるむということがないため、痩せて老けるということを予防することができます。

40代でも老けない痩せ方まとめ

同じ年齢、同じ身長、同じ体重でも、若々しく可愛く見える人もいれば、なんだか老けてみえる人もいます。
せっかく痩せるなら、やっぱり美しく可愛く痩せたいですよね。

極端な食事制限で急速に痩せたとしても、美しく痩せられないなら意味がありません。
あなたは、ぜひ、健康的に若々しさを保ったまま痩せて、本当の美しさを手に入れてくださいね。