葛の花

葛の花イソフラボンは、皮下脂肪と内臓脂肪を減らす効果があるとして、大変注目を集めています。

肥満気味な人を対象に行われた研究レビューでは、驚くべきデータが発表されています。

葛の花イソフラボンの研究結果

その他のダイエット成分と比べると、飛びぬけた効果の高さ、ダイエットに直結する作用が認められました。
そのため、ダイエット商品として葛の花イソフラボンを配合したサプリメントが現在はたくさん販売されています。

ダイエット商品の多くは、さまざまな成分を配合してそれぞれの相乗効果によってダイエットサポートをするのが通常でしたが、葛の花イソフラボンの場合は、その他の成分が必要ありません。

葛の花イソフラボンの効果のみで痩せることができるため、サプリメントの料金が安いのも魅力の一つです。

なぜ、葛の花イソフラボンはここまで効果が高いのか?
なぜ、皮下脂肪と内臓脂肪の両方に効果を発揮できるのか?
その仕組みについてご紹介していきます。



葛の花イソフラボンとは?

葛の花イソフラボンとは、葛の花に含まれているイソフラボンのことで、大豆イソフラボンと同じく女性ホルモンのように働く性質があります。

イソフラボンとはポリフェノールの一種で、特にマメ科の植物に多く含まれています。
葛もマメ科の植物です。

葛は、昔から葛湯や葛餅などの体に良い食品として用いられてきました。
体を温め血行をよくするため、風邪(葛根湯)や胃腸不良の時の民間治療薬としても古くから利用されてきたものです。

最近の研究によって、葛の花に体脂肪を減らす機能性があるということが発表され、大きな注目を集めることになりました。

・中性脂肪の合成を抑制する働き
・脂肪を分解する働き
・脂肪を燃焼する働き

研究機関によるデータによって、これらの働きがあると認められています。

葛の花イソフラボンの効果

中性脂肪の合成を抑制する

食べ物からエネルギーを摂取すると、基礎代謝や日常生活においてそのエネルギーは消費されます。
消費されずに余ったエネルギーは、肝臓で中性脂肪に合成され、体脂肪として蓄積されます。

葛の花イソフラボンは、この中性脂肪の合成を抑制する働きがあります。

脂肪を分解する

摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多い場合、わたしたちの体は体脂肪を分解してエネルギーとして使います。
このとき、体脂肪そのままでは使用できないため、いったん脂肪酸に分解されます。

この分解がうまくいっていないと、体脂肪を効率よく使用することができません。
葛の花イソフラボンは、この脂肪酸への分解を助ける働きがあります。

脂肪を燃焼する

体脂肪から脂肪酸へ分解された脂肪は、褐色脂肪細胞によって、燃焼されます。
葛の花イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きを助け、脂肪が燃焼されやすくしてくれます。


葛の花イソフラボンは、この3つの働きによって、皮下脂肪と内臓脂肪を減らす効果があります。

葛の花イソフラボンの副作用

葛の花は食品なので、副作用というものはありません。
でも、どんな食品でも食べ過ぎ・飲みすぎは身体に悪いですよね。

研究では、1日あたり35mlが最も効果が高かったと発表されています。

多く摂取したからといって、効果が倍増するわけではありませんので、サプリメントの容量を守って摂取されればよいですね。



葛の花イソフラボンの口コミ

良い口コミ

口コミキャラ

お腹まわりが太ってきて気になっていました。
葛の花のサプリメントを使用してから、1ヶ月目くらいから徐々にお腹まわりがサイズダウンしていって、ズボンをはいたときにウエストが楽になりました。

口コミキャラ

年を取るとともに、徐々に大きくなっていくお腹に悩んでいました。
葛の花イソフラボンを摂るようになって3ヶ月、ウエストが細くなり、娘からも「スッキリしたね!」と褒められています。

口コミキャラ

旦那から「そのお腹、どうにかできないの?」と言われ、ショックを受けて葛の花イソフラボンサプリを使い始めました。
半信半疑でしたが、本当に体重もお腹も減っていき、びっくりしています。
旦那も「よくやった!(笑)」とふざけ半分ですが、喜んでいます。

悪い口コミ

口コミキャラ

一か月使用しましたが、効果は感じられませんでした。

口コミキャラ

4キロ痩せましたが、3ヶ月もかかりました。
もっと早く痩せたかったです。

良い口コミでは、ズボンが楽になった、ウエストが細くなった、お腹がスッキリした、などの羨ましい報告がたくさんありました。
悪い口コミでは、短期間では痩せないというものと、ゆっくり痩せるのが不満という声がありました。

葛の花イソフラボンサプリの選び方

近年では葛の花イソフラボンを使ったサプリはたくさん販売されるようになりました。
いったいどれを選べばいいの?と迷われる方も多いようです。

葛の花イソフラボンサプリの選び方についてご説明します。

良質な葛の花イソフラボン35ml以上配合されている

葛の花イソフラボンは、25mlの摂取よりも35ml摂ったほうが高い効果が得られると研究によって発表されています。
1日分で35ml以上配合されている商品を選びましょう。

機能性表示食品に指定されている商品ならば、35ml以上配合されていますので、それを目安にすると良いですね。

お値段が良心的で続けやすい

葛の花イソフラボン以外の成分などもたくさん配合されていると、お値段が高くなる傾向があります。

葛の花イソフラボンだけで十分効果を感じられるので、高いものを選ぶ必要はないです。

信頼できる国内メーカーから販売されている

脅かすわけではありませんが、うさんくさい商品というものはやはり存在します。

聞いたこともない会社のサプリは控えた方が無難です。

葛の花イソフラボンサプリのランキング

シボヘール



シボヘールは葛の花イソフラボンの機能性表示食品の中で、最も安く購入できるサプリです。

機能性表示食品であれば、効果はほとんど変わらないので、お値段の安さが人気の理由だと思います。

飲み忘れることなく、容量を守ってしっかり継続すれば、確実に効果がでます。

>>シボヘールの公式サイトはこちら



スリムフォー



初回のお値段は、シボヘールと同じ980円ですが、シボヘールが1ヶ月分なのに対して、スリムフォーは2週間分です。
2ヶ月目からも5,980円と、シボヘールの倍以上します。

良質な葛の花イソフラボンが使われていますが、機能性はシボヘールとそう変わりません。

>>スリムフォーの公式サイトはこちら



メタストンW



こちらも良質な葛の花イソフラボンが使用されていますが、初回のお値段が3,870円とお高めです。
2回目以降は5,400円です。

BMIメジャーがついているので、メジャーが欲しい人はこちらを選ばれるといいですね。

>>メタストンWの公式サイトはこちら