ノートとペン

レコーディングダイエットは、岡田斗司夫さんが2007年に発売した著書「いつまでもデブと思うなよ」で有名になったダイエット方法です。

毎日、体重や食べたものを記録し、食生活を見直してダイエットするというもの。

・なぜ痩せないのかわからない
・太る原因を探したい

という人には特におすすめです。

「私はめんどくさがりだから無理かな」と思っているあなた。
実はめんどくさがりな人ほど痩せます!
書くのがめんどうだから、本当に必要なときしか食べなくなるからです。

他にもレコーディングダイエットにはいろいろな嬉しい効果があります。
レコーディングダイエットの効果や書き方について詳しくご説明しますね。



レコーディングダイエットとは

ダイエットをするにあたって、記録をとることはとても大切です。
ダイエット中は体重だけは毎日計っている人も多いのではないでしょうか。
計った体重や、食べたものを記録していくのがレコーディングダイエットです。

ダイエットを専門にしているサロンなどでも、食べたものは必ず記録するように指導されます。
そして、それを元にしてダイエットのアドバイスを行っているわけですね。

これを自分で行うのがレコーディングダイエットです。
食べたものを記録して、太る原因を探し、それを改善することで痩せることができます。

でも実は、ただ記録するだけでも痩せることが可能なんです。

どうして書くだけで痩せることができるの?
と、疑問に思うかもしれません。

なぜ、レコーディングダイエットは書くだけで痩せられるのか、その効果についてご説明します。

レコーディングダイエットの効果

無意識に食べることがなくなる

太っている人は、無意識に食べ物を食べていることがあります。

・そこにあったから
・もらいものだから
・ひまだったから
・〇〇しながら

つい、食べてしまうんです。

それは、お腹がすいたから食べているのではないんですよね。
すごく食べたい!と思って食べているわけでもありません。

レコーディングダイエットは、食べたものを書かなくてはいけないので、「つい、食べてしまった」という場面を減らすことができます。

目の前に食べ物があっても、お腹が空いていないときや、すごく食べたいものではない場合、「書くのがめんどうだから」という理由で、食べるのを止められることもあります。

食べ過ぎを防止できる

自分が食べたものとカロリーを記録していくので、食べ過ぎると一目瞭然で、すぐに気づくことができます。

食べ過ぎの自覚がない人は案外多いものです。
「たいして食べていないのに太る」
そう思っている人はレコーディングダイエットをぜひやってみてください。

食べていなかったら、太ることはありません。
太るだけの量を必ず食べています。

「自分で思っていたよりもたくさん食べていた」
と、気づくことができたら、

・さっきケーキを食べたから、このシュークリームは明日にしよう
・昨日は食べ過ぎたから、今日の食事は控えめにしておこう

と、自然と自分で調節するようになります。

カロリー計算ができるようになる

食べたものとカロリーを記録していくうちに、だんだん調べなくても食べ物のカロリーがわかるようになります。

すると、AとBではBのほうがカロリーが低いから、今日はBにしておこう。
と、カロリーの低いものを選ぶことができるようになります。

最初はカロリーを調べるのがめんどうかもしれませんが、ネットやアプリを利用すれば、さほど時間をかけずに調べることができます。
慣れたら調べなくてもだいたいのカロリーがわかるようになります。

ダイエットを常に意識しつづけることができる

レコーディングダイエットを行うと、いつも食べるものに意識を向けている状態になります。
ですから、うっかりダイエットのことを忘れるということがありません。

最初のうちは、記録するのを忘れることはあるかもしれませんが、レコーディングが習慣化されると、ダイエットも習慣化されます。

旅行中や年末年始などでも、必ず書くというルールだけ守っていれば、ダイエットのことを忘れて暴飲暴食に走るということはなくなります。

リバウンド予防になる

レコーディングダイエットを行っていれば、自分がどんなときに食べ過ぎるのか、どうすると太るのか、わかるようになります。
痩せたあとでも、それを理解しているので、太るような行動はしなくなります。

また、レコーディングを続けることで、自分の食生活が一目瞭然になるため、「ダイエットが終わったら気が抜けてリバウンドした」ということを予防することができます。



レコーディングダイエットのやり方

まず、ノートを一冊用意します。
スマホのメモ帳でも、アプリでもオッケーです。

最初の1ページ目に、「なぜ痩せなければならないのか?」「痩せたらどうなるのか?」箇条書きにして書き出しましょう。
これをしっかり行っておくと、後々のモチベーションが全く違います。

そのあとに、ダイエットをスタートする日の体重、体脂肪率、体のサイズなどを記入します。
体重は毎日計って書き込みますが、体脂肪率や体のサイズは1週間に1回や、1ヶ月に1回など、定期的に計ることにしてもオッケーです。

それが終わったら、レコーディングダイエットのスタートです。
その日に食べたものをすべて書き出しましょう。

慣れないうちは、

朝食:たまごサンド
昼食:ラーメン
おやつ:チョコ
夕食:トンカツ定食
のような書き方でも構いません。

数日続けて、慣れてきたら、食べた時間や数量、カロリーなどを書き込むようにしましょう。

7:00:たまごサンド2切れ 277kcal
12:00:ラーメン1杯 799kal
15:00:チョコ3切れ 72kcal
20:00:トンカツ1枚 486kcal 
    ひじきの煮物80g 80kal 
    ご飯150g 252kcal 

このように、食べたものとカロリーを書き込むことで、自分の食生活の改善点がわかるようになります。

・夕食にご飯を食べるとカロリーオーバーするから、ご飯は控えめにしようかな
・間食を食べ過ぎているから少し減らそうかな
・甘いものを飲みすぎだから、明日からお茶にしようかな

こんなふうに少しづつ改善していくことができれば、レコーディングダイエットは成功です。
食生活を改善すれば、必ず痩せていくことができるからです。

もっと慣れてきたら、便通、運動、生理などの体の情報を書き込むようにすると、より変化がわかりやすいですね。

レコーディングダイエットの口コミ

口コミキャラ

一ヶ月半で7キロ減量することができました。
自分が今までどれほど無駄な食事をしていたのかがとてもよくわかりました。
そして脂質、たんぱく質、炭水化物の量を考えながら栄養にも気を使っています。
確実に前よりも間食が減りました。

口コミキャラ

4ヵ月で約12キロマイナスです。
最初の1ヵ月はカロリー計算するのがホントに大変でした。
でも慣れてしまえば大丈夫!
今も順調に落ちてます♪

口コミキャラ

カロリーを気にするようになるし、とっても良いと思う。
今までの過剰摂取に驚きの日々です。

口コミキャラ

2ヶ月で5キロくらい落ちました。
リバウンドもなく、キープしています。
大体一日1500〜1800カロリーを目安にしています。

口コミキャラ

1ヶ月で3キロ痩せました。
これはストレスなしで続けられています。
栄養バランスにも気をつけられるのでおすすめです。

書くだけで痩せる!レコーディングダイエットの効果と書き方まとめ

食べたものを書くだけで、食に対する意識が変わるということですね。
カロリーだけでなく、糖質制限している人は糖質量を書き込んだり、他のダイエットと組み合わせるのも効果的です。

最初はとにかくめんどうに感じるかもしれませんが、本気で痩せたいならかなり効果のある方法です。
本気の人にしかできないからこそ、レコーディングダイエットは効果が高いのかもしれませんね。