年末年始は、忘年会、新年会、クリスマス、お正月など、食べる機会が格段に増えますよね。

また、12月は忙しい人が多いので、年末年始の休みくらいはのんびりしたいと、動かずにゴロゴロしてしまう人も多いのではないでしょうか。

わかっているのに、毎年太ってしまう年末年始やお正月。

太らないように対策する方法や、太ってしまった場合の対策方法など、年末年始太り、お正月太りの対策法をご紹介します。



年末年始太り&正月太りの原因

年末年始やお正月は、食べる機会が増えます。
会社の人との忘年会、新年会。
プライベートではクリスマス、お正月。

そのたびにごちそうを食べ、お酒を飲んで、暴飲暴食してしまう場合もありますよね。
食べ過ぎは、太る原因になります。

また、冬は寒いため、運動機会も減っています。

特に年末年始休みやお正月は、あまり動かずに実家でのんびり過ごす人も多いですよね。
さらに目の前にはみかんやお菓子、おせち料理など、常に食べ物が用意されています。

動かずに、目の前にある食べ物をついついつまんでばかりいると、当然太ってしまうわけです。

つまり、年末年始&お正月は、
「摂取カロリー(多い)>消費カロリー(少ない)」という状態になるため、誰でも太ってしまうのです。

太らないようにする対策法

毎食腹8分目を心がける

年末年始、お正月に太る原因は、「食べ過ぎ」です。
イベントがあっても、腹8分目にとどめておくことができれば、太らずにすみます。

ごちそうが目の前にあるのに、我慢するのはつらいことですよね。
でも、それをなんとか我慢することができれば、お正月休みが終わっても「太った」と言われずにすむのです。

また、お酒を飲みすぎると抑制が効かなくなり、ますます食べ過ぎてしまうので、お酒もほどほどにしておくことが大切です。

ついつい食べ過ぎてしまう人におすすめのカット系サプリはこちら

食べるものを選ぶ

太りそうなごちそうがたくさん並ぶ、年末年始、お正月ですが、太りにくい食べ物を選んで食べることで、太るのを予防することができます。

たんぱく質や野菜を多めに食べて、炭水化物やスイーツはできるだけ食べないように心がけましょう。
クッキーやおせんべいなどのお菓子類も食べると太ります。
揚げ物などの脂っこいものも控えることができれば、ベター。

お肉、お魚、卵、大豆製品、野菜類は、比較的たっぷり食べても大丈夫です。
冬にぴったりのお鍋は、太りにくい食べ物です。

食べる順番を意識する

イベントで食事をするとき、食べる順番を意識することで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。
血糖値を上昇させると太る原因になるため、気を付けるようにしましょう。

1 たんぱく質を食べる
2 野菜を食べる
3 汁物を食べる
4 炭水化物を食べる

この順番なら、何も考えずに好きな順番で食べているときよりも、太りにくい食べ方になります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
食べる順番ダイエット最新版!最初はたんぱく質から食べよう

イベントがないときに摂生しておく

イベントでついつい食べ過ぎてしまうときには、前日や翌日に摂生することでリセットしやすくなります。

イベントのない日はダイエットデーにする!
と、決めておけば、年末年始に太るのを予防することができます。

摂生日は、低カロリー、低糖質の食べ物を少しだけ食べることにして、調整するようにしましょう。
プチ断食もおすすめです。



太ってしまったときの対策法

脳太りを解消する

年末年始、お正月に、食べたいだけ食べてしまっていた人は「脳太り」になっています。

脳に脂肪がつくということではなく、食欲を抑えられない脳、太る脳という意味です。

一定期間、食欲を抑えることをせず、好きなだけ食べていると、ますます強い食欲が沸き、ますます食欲を抑えられなくなってしまいます。

それを対策するためには、プチ断食などを行って、いったん食欲をリセットする方法がおすすめです。
1日~2日、食欲を我慢することで、その後はさほどストレスなく、食欲をコントロールできるようになります。

早めにリセットする

太り始めは、体重をもとに戻しやすい状態です。
太ってしまったと思ったら、すぐにリセットするようにしましょう。

低カロリー、低糖質の食べものを少しだけ食べて、太った体重を早めに元に戻してください。

プチ断食する

脳太りを解消するためにも、増えた体重を早めにリセットするためにも、「プチ断食」は大変有効です。
1日だけ断食して、食欲も体重も元に戻しましょう。

断食の日は、固形物は一切食べないようにして、水と酵素ドリンクのみを摂取します。

プチ断食で痩せやすくなるオススメの酵素ドリンクはこちら

年末年始太り&正月太りの対策法まとめ

年末年始やお正月に太ってしまったという経験は、誰でもあることです。
そういう環境なので、仕方ないとも言えます。

でも、太らないように過ごすことで、その後の辛いダイエットをしなくてすみます。
できる限り太らないように、気を付けて過ごしてみてください。

太ってしまった場合は、できるだけ早くダイエットを行って、早めに体重を戻しましょう。
体重が増えたばかりのうちにダイエットをしたほうが痩せやすいですよ。