玄米とお味噌汁

朝食に関するダイエットの情報には、さまざまなものがありますね。

・朝ごはんを食べないと太る
・朝ごはんはたっぷり食べていい
・午前中は排泄の時間だから朝食は軽いほうがいい
・一日一食ダイエットが痩せる
・一日五食ダイエットが痩せる

結論から言うと、どの方法でも痩せられます。
「消費カロリー>摂取カロリー」の状態になれば、痩せていくので、一日トータルの摂取カロリーが、消費カロリーをオーバーしなければ、どんなダイエット方法でも痩せるんですよね。

ただし、40代のダイエットは無理は禁物です。
無理をして一時的に痩せても、食事をもとに戻せばすぐにリバウンドしてしまいます。
一生続けていけるような、太らない食生活を身につけるのが40代ダイエットの理想です。

いろいろ試してみて、無理なく続けていける、自分に合ったダイエット方法を選択しましょう。



朝ごはんを抜いてもいいの?

「朝は食欲がないから、朝ごはんを食べたくない」
そんな人は無理に食べなくても大丈夫です。
一日の総カロリーが、消費カロリーを超えないよう、昼食と夕食を調整しましょう。

しかし、前日の夜から翌日のお昼まで何も食べないと、体は飢餓状態になっています。
その状態でお昼ごはんを食べると、体は栄養を吸収しやすくなっていて、脂肪をため込もうとします。
ですから、お昼のメニューは血糖値を上げないように気をつけたほうがいいですね。

具体的には、昼食のときに炭水化物と糖質を控え目にするとよいです。
「朝は食べなかったから、昼はいっぱい食べても大丈夫!ランチはスパゲッティとケーキセットにしよう。」
なんてことをやっていると、ダイエットは成功しづらいです。


40代の場合、朝食は食べたほうがダイエットがうまくいきやすいです。
40代でなくとも、朝食を食べる人よりも、食べない人のほうが5倍太りやすいというデータがあります。

朝食を摂らない人がなぜ太りやすいかというと、

・寝ている間は食べていないので空腹状態が長時間続き、体が飢餓状態になって次の食事で脂肪を貯めこもうとする。
・朝食を摂らないことによって、一日の代謝が下がってしまう
・集中力や気力が低下し、効率的にカロリー消費できなくなる

などが理由としてあげられます。

朝はどうしても食欲がわかないという人は、スムージーや果物だけでも食べるようにしてみるといいですね。

太らない朝ごはんの食べ方

朝食

「朝は一日の始まりなので、たくさん食べてもよい」と、長らく言われてきました。
確かに、少々食べすぎてもその後の活動で消費されやすそうですよね。

しかし、最近では、
「朝は血糖値が上がりやすいので、朝食を食べすぎないほうがよい」
ということがわかってきました。

血糖値が上がると、インスリンが分泌され、インスリンはあまった糖分を脂肪にたくわえます。
ですから、ダイエットのためには、血糖値を急上昇させない食べ方をしたほうがよいのです。

太らない朝食の食べ方、注意点は3つです。

・炭水化物や糖質を少なめにすること
(血糖値は、炭水化物や糖質を摂ったときに上がります)

・野菜→たんぱく質→炭水化物の順番に食べること
(最初に野菜から食べ始めると、血糖値が急上昇しにくくなります)

・食べるときは一口30回以上噛むこと
(食べすぎを防ぎます)

この3つのポイントをおさえて朝食を摂るようにすると、スムーズに痩せられます。

ダイエットにおすすめの朝食メニュー

ライ麦パンのサンドイッチ

高たんぱく低糖質のメニューにすると太りません。

朝食で主食を食べる人は、ご飯なら玄米、パンなら全粒粉パンやライ麦パンがおすすめです。
なぜなら、そのほうがGI値が低いからです。

GI値とは、血糖値が上昇するスピードを表す数値で、数値が低いほどゆっくり血糖値が上がります。
急激に血糖値を上げるのは、ダイエットにはよくないため、高GI値の食品よりも低GI値の食品を食べたほうがよいのです。

その点で、同じ炭水化物でも低GI食品の玄米、全粒粉パン、ライ麦パンがダイエットに向いています。
菓子パンは砂糖のかたまりです。
避けるようにしましょう。

タンパク質は、卵、納豆、豆腐、肉や魚などに多く含まれていて、これらの食品は糖質が少ないので、比較的多めに摂っても大丈夫です。
朝食にとりいれやすい食材ばかりなので、ぜひ食べてください。

フルーツは糖質が高いので、少量ならかまいませんが、食べすぎないようにしましょう。

<おすすめの和食メニュー例>
玄米、わかめと豆腐の味噌汁、きんぴらごぼう、卵焼き

<おすすめ洋食メニュー例>
全粒粉パン、野菜スムージー、ウィンナー、スクランブルエッグ

コンビニで買える朝食メニュー

コンビニおにぎり

朝食を作る時間のない人は、コンビニで朝食を買っても大丈夫です。

低糖質でおすすめのものは、

・サラダチキン
・ゆでたまご
・ブランパン
・サラダ
・おでん
・フランクフルト
・チーズ

おにぎりを買うなら、温めず冷えたまま食べましょう。
ご飯は冷えると、糖質が消化吸収されにくくなります。

パンなら、菓子パンはやめてサンドイッチにしましょう。
ハム、チーズ、野菜などが一緒に摂れます。

太らない朝食まとめ

痩せるためには、

・「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を作ること
・炭水化物や糖質を控え目にして、血糖値を急上昇させないこと
・食べるときは野菜→たんぱく質→炭水化物の順に食べること
・食べるときは一口30回噛むこと

めんどくさいかもしれませんが、慣れればみるみるうちに痩せていき、ダイエットが楽しくなりますよ。
朝食は食べても食べなくても、あなたに合った方法を選べば大丈夫です。
しかし、できるだけ食べたほうがダイエットがうまくいきやすいですね。