スムージー

・お腹が空くとイライラして我慢できない
・いけないとわかっているけどつい食べすぎてしまう
・一度食べ始めると止まらない

「カロリー制限」や「糖質制限」がうまくいかなかった人や、普段の食事を食べすぎてしまう人には、「ヘルシースナッキング」が向いているかもしれません。

「ヘルシースナッキング」とは、どのような食事法なのでしょうか?
詳しく解説していきます。



ヘルシースナッキングとは?

ヘルシースナッキングは、今、アメリカで話題の新しい食事法です。
名前の由来は、「snack=軽食」。

あえて間食を摂ることで、空腹状態を作らず、食べすぎと血糖値の急上昇を防ぐ食事法です。

美容、健康、ダイエットに良いとされ、アメリカのセレブたちが実践しています。


ヘルシースナッキングは、食事と食事の間に、果物やナッツ、ヨーグルトなどの栄養価が高くてヘルシーな軽食を食べます。
そのため、極端な空腹状態を作りません。
その結果、食べ過ぎを防ぐことができ、食事量を自然に減らすことができるのです。

また、間食をこまめに取ることで、食後の血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪を溜め込みにくい身体にします。
日本でも流行中の1日5食ダイエットに似ています。

「1日の食事回数が4回未満の人と、6回以上の人を比べてみると、6回以上の人のほうが、総摂取カロリー量が少なく、「肥満度(体格指数BMI)が低い」という研究結果が報告されています。

しかし、ヘルシースナッキングは、「カロリー制限」や「糖質制限」ほどの即効性はありません。
ゆっくり痩せていく食事法です。
その代わりにリバウンドもしにくい方法です。

すぐに痩せたい人には向いていませんが、

・カロリー制限や糖質制限がうまくいかなかった人
・食事を減らすダイエットは続かない人
・今までリバウンドばかりしてきた人

そんな人は、ヘルシースナッキングを試してみてはいかがでしょうか。
健康的にゆっくりと、太りにくく痩せやすい体づくりができます。

40代は急激に痩せると老けやすいため、ゆっくり痩せるヘルシースナッキングは、40代に向いているダイエット法といえます。

>>40代でも老けない痩せ方

ヘルシースナッキングのやり方

チーズ

食事と食事の間に間食を摂る

食事と食事の間が5時間以上空く場合、間に間食を食べるようにします。
例えば、朝食7時、昼食12時、夕食18時の人なら、10時と15時のおやつの時間がちょうどいいタイミング。

もちろん、お腹が空いていなければ、無理に食べる必要はありません。
空腹を感じたときに、食べるようにすればオッケーです。

食物繊維やたんぱく質が豊富なものを選ぶ

ヘルシースナッキングで間食に食べるものは、食物繊維やたんぱく質が豊富なものが向いています。

食物繊維は血糖値の急上昇を抑え、糖質が脂肪になるのを防いでくれます。
また、腸内環境を整えて、腸内の「痩せ菌」を増やしたり、便秘を解消するのにも役立ちます。
食事だけでは不足しがちな食物繊維をヘルシースナッキングで摂るようにしましょう。

たんぱく質は、腹持ちが良く血糖値を上げないので、積極的にとりたい栄養素です。
たんぱく質は、不足すると健康、美容、ダイエットに悪い影響を与えますが、摂りすぎても問題のない栄養素なので、どんどん食べるようにしましょう。

できれば噛み応えのある食品にする

よく噛むことは、満腹中枢を刺激して、食べすぎを防いでくれます。
間食に選ぶものは、固くて噛み応えのあるものを選ぶとベターです。

1回分は200kcal以内にする

毎回高カロリーの間食を食べていては、逆に太ってしまいます。
1回分は200kcal以内に抑え、一日の総摂取カロリーが増えないように気を付けましょう。



おすすめのスナック

森永ヘルシースナッキング

森永ヘルシースナッキング

森永からヘルシースナッキングに向いているお菓子が販売されています。
どれも栄養価が高く、噛み応えがあり、ヘルシースナッキングにぴったりのおやつです。

まだスーパーやコンビニではあまりみかけません。
気になるかたは、アマゾンなどで購入してみるのもいいですね。

>>森永ヘルシースナッキング

明治アーモンドカカオ70%

明治アーモンドカカオ70%

アーモンドは、ビタミンB2、ビタミンE、食物繊維、不飽和脂肪酸(オレイン酸)が豊富に含まれていて、美容とダイエットに向いているおやつです。

また、高カカオのチョコレートは、低カロリー低糖質で、ヘルシースナッキングに向いています。
カカオに含まれるポリフェノールが血流を良くして代謝を上げてくれます。
ポリフェノールは抗酸化作用をもっているため、40代には嬉しいアンチエイジングの効果も期待できます。

写真の商品は、398kcalあるので、1回分は半分の量にしておいてくださいね。
スーパーやコンビニに売っています。

クリーム玄米ブラン

クリーム玄米ブラン

体に良い玄米で作られたブラン。
1日に必要な量の3分の1の食物繊維が摂れます。

ビタミン、カルシウム、鉄分なども豊富に入っていて、ヘルシースナッキングに向いているお菓子です。

写真の商品は170kcalしかないのですが、かなり食べ応えがあります。
こちらもスーパーやコンビニで手軽に購入することができます。

おからクッキー

おからクッキー

高たんぱく低糖質のおからクッキーもおすすめです。
日本では少し前に、「おからクッキーダイエット」が流行しましたね。
おからクッキーはヘルシースナッキングにもよいです。

スーパーなどではあまりみかけなくなりましたが、楽天などにはたくさん売っています。

>>おからクッキー

コンビニのおつまみコーナー

するめ

コンビニやスーパーにあるおつまみコーナーには、ヘルシースナッキングに向いているおやつがたくさん置いてあります。

ミックスナッツ、チーズ、するめ、ビーフジャーキーなどはおすすめのおやつです。

200kcal以内で、いろいろ組み合わせて食べるのも楽しいです。

ヘルシースナッキングまとめ

ダイエットをしようとすると、余計に食べ物のことばかり考えてしまう、という人は少なくありません。
食べないダイエットはストレスをため込むだけでなく、すぐにリバウンドしてしまいます。

ヘルシースナッキングなら、空腹を感じることなく、自然にゆっくりと痩せていくことができます。

食べるのが好きな方は、ぜひ試してみてください。