おやつ

「おやつを食べると太る」は間違い

「ダイエット中はおやつは厳禁!」と思われがちですが、実はおやつを食べたほうが痩せやすいということがわかってきました。
空腹の時間が長いと、血糖値が上がりやすくなり、脂肪をため込みやすくなってしまうからです。

また、お昼の12時から夜7時まで何も食べないことで、晩ご飯の量が増えたり、高糖質の食べ物を欲する傾向が強くなります。
3時頃におやつを食べることで、晩ご飯を軽くすることや低糖質の食事にすることができます。

40代のダイエットは長期的に健康的に行うことが大切なので、おやつを我慢せずにダイエットが続けられるのは嬉しいですよね。
もちろん、いくらおやつを食べたほうがよいといっても、好きなものを好きなだけ食べていると太ります。
ここでは、太らないおやつの食べ方をご紹介しますね。



太らないおやつの食べ方

1.低糖質のおやつを選ぶ

ケーキやスナック菓子などの糖質の高いおやつは、血糖値を上げてしまうため、太ってしまいます。
たんぱく質や食物繊維などが含まれる、低糖質のおやつを選びましょう。

2.一日200キロカロリー以内にする

カロリーを摂りすぎると痩せることができません。
おやつは1日200キロカロリー以内にすることが望ましいですね。

3.おやつの時間は食事と食事の間

一日中ダラダラとおやつを食べているのはよくありません。
知らず知らずのうちに食べすぎてしまいますし、胃腸にも負担がかかって働きが悪くなり、代謝が下がってしまいます。
10時と15時など、食事と食事の間におやつを食べましょう。



食べても太らないおやつ15選

高カカオチョコレート

ブラックチョコレート
■1かけら29kcal・糖質1.7g

カカオ70%以上のブラックチョコレートは、低カロリー低糖質で、ダイエット中のおやつに向いています。
普通のミルクチョコレートやホワイトチョコは糖質や脂肪が多すぎるのでNG。

カカオに含まれるポリフェノールが血流を良くして代謝を上げてくれます。
ポリフェノールは抗酸化作用をもっているため、40代には嬉しいアンチエイジングの効果も期待できます。
また、ダイエット中のストレス緩和にも最適です。

ナッツ類

ナッツ
■18g入り92kcal・糖質1・8g

アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツなどなど、ナッツ類がおやつにおすすめな理由は、抗酸化作用が高い美容フードであること。
噛み応えがあり、腹持ちがよく、満足感が得られやすいです。

ナッツ類に含まれる「オレイン酸」は、ダイエット中に摂りたい良質な油です。
脂質や糖の代謝を助けてくれます。
また、不足しがちな食物繊維やビタミン・ミネラルも摂れるので、食事のサポートとしてのおやつに最適なんです。

意外とカロリーが高いので、個包装パックを選んで食べすぎを予防しましょう。

おからクッキー

おからクッキー
■1枚20kcal・糖質0.8g

おからクッキーは、ダイエット中に摂りたい大豆からできているクッキーです。
通常のクッキーより栄養価が高く、カロリーは半分程度。
たんぱく質、食物繊維、カルシウム、オリゴ糖、大豆イソフラボンなど、40代女性にはとくに嬉しい栄養をたくさん摂ることができます。

水分と一緒に摂ると、おなかの中でふくれやすく、満足感が得られます。
ダイエット中に食べられるお菓子は多くありませんので、甘いものが好きな人にはかなり嬉しいおやつですよね。

ブランパン

ブランパン
■1個あたり66kcal~・糖質2.2g~

パンが太りやすいというのは、有名なお話しです。
管理人はパンが大好きだったので、パンを我慢するにはかなりつらいものがありました。

でも、ローソンのブランシリーズのパンなら、低カロリー低糖質ですから、1個2個なら食べても大丈夫!
これはパン好きの人には大変うれしい限りです。
(ローソンさん、ありがとう!)

朝食や昼食に食べてもいいですし、小腹が減ったときのおやつとしても大満足。
種類が豊富なのもありがたいですね。

サラダチキン

サラダチキン
■133kcal・糖質1.2g

ダイエットの神食品といわれている、サラダチキン。
高たんぱく低カロリー低糖質で、ダイエットにはうってつけの食べ物です。
食事のときに炭水化物の代わりに食べてもいいですし、おやつとしても重宝します。

満足感があり、コンビニでも買える手軽さがおすすめです。

プレーンヨーグルト

ヨーグルト
■50gあたり31kcal・糖質2.7g

高たんぱくで、カルシウムの豊富なヨーグルトも、積極的に食べたい食品です。
ヨーグルトは、低カロリー・低糖質で太りにくいおやつというだけでなく、腸の中のデブ菌を減らしてくれる効果があります。

便秘がちで悪玉菌の多い人は、太りやすい体質であるという研究結果があります。
ヨーグルトを食べて善玉菌を増やし、痩せ体質に生まれ変わりましょう。

ヨーグルトの酸っぱさが苦手という人は、カスピ海ヨーグルトがおすすめです。

チーズ

チーズ
■50gあたり80kcal・糖質0.7g

チーズは太りやすいイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
糖質が低いのに、満足感が得られやすく、脂肪燃焼や腸の活性化に役立ちます。
チーズ好きの人は、ぜひおやつにチーズを食べてください。

チーズには、タンパク質やカルシウム、必須アミノ酸やビタミン等の栄養素が豊富に含まれています。
食べすぎるとカロリーオーバーになってしまいますが、一回のおやつに100g程度であれば全く問題ありません。
100g食べると、かなりお腹も満足すると思います。


■1個あたり91kcal・糖質0.2g

「卵はコレステロールが高いから、1日1個までがよい」
これは、昔の医学による、間違った認識です。

卵は、食物繊維とビタミンC以外のすべての栄養素を含んでいるスーパーフード。
少なくても1日に2~3個は食べたい食品です。

お料理でも使いやすいですし、おやつには簡単にゆで卵なんかもいいですね。

枝豆

枝豆
■50gあたり67kcal・糖質2.0g

枝豆は食物繊維が豊富で、むくみ予防になるカリウムも含まれています。
また、大豆イソフラボンが含まれているため、女性ホルモンの正常化にも役立ち、痩せやすい体にしてくれます。
鉄分も多いので、貧血対策にもいいですね。

低カロリー、低糖質、40代女性に嬉しい栄養がいっぱい。
文句なし、おやつにぴったりの一品です。

あたりめ


■50gあたり167kcal・糖質0.2g

あたりめは噛み応えがあり、少量で満腹感を得られるおやつです。
一切れ2~3g程度なので、一度に50g食べることもないと思います。

高たんぱくで、ビタミンやミネラルも豊富。
代謝アップや、抗酸化作用でアンチエイジングの効果も期待できるため、40代にもおすすめのおやつです。

塩分とプリン体が多いので、高血圧の方や、尿酸値の高い方はひかえたほうが良いです。

ビーフジャーキー

ビーフジャーキー
■40gあたり98kcal・糖質6.0g

ビーフジャーキーは味が濃く、噛み応えがあるので、少量で満足感を得られるおやつです。
お肉が好きな人には嬉しいおやつですね。

あたりめと同じく高たんぱく低カロリーですが、塩分とプリン体が多いです。
高血圧の方、尿酸値の高い方はひかえましょう。

寒天ゼリー

寒天ゼリー
■250gあたり0kcal・糖質0.6g

寒天は海藻から作られている、食物繊維たっぷりの食材です。
カロリーゼロなのに、腸内環境改善、高血圧予防、中性脂肪を減らす、美肌効果、などなどたくさんの効能効果が認められています。

ダイエットにも健康にも最適な寒天ゼリーは、ぜひおやつとして摂り入れたい食品です。

茎わかめ

茎わかめ
■1袋あたり29kcal・糖質7.4g

わかめには、炭水化物や脂質の吸収を穏やかにし、脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。
ダイエット中はおやつに茎わかめを食べるだけでなく、食事にもわかめを摂り入れたいですね。

わかめも、昆布と同じく摂りすぎるとヨウ素の過剰摂取が問題になりますが、一日あたり乾燥わかめ40gなら問題ないとのこと。
乾燥わかめはもどすと10倍になりますから、一日あたり400gは食べられます。
400gもわかめを食べるのは大変ですから、わかめに関してはよほど多くの量を食べない限りは気にしなくてよいでしょう。

玄米フレーク、玄米グラノーラ、玄米ブラン

玄米グラノーラ
■50gあたり187kcal・糖質42g

どうしても炭水化物がとりたいときは、玄米がおすすめです。
噛み応えがあり、栄養価が高いので、朝食や昼食にもいいですね。

しかし、他のおやつに比べると糖質が高く、ダイエット効果としては低めです。
「おにぎりやパンを食べるよりはマシ」という程度なので、食べすぎには注意してください。

>>低GIのスーパーフード「キヌア」で作られたグラノーラはこちら

痩せるおやつ酵素ゼリー

どうせおやつを食べるなら、「痩せるおやつ」を食べませんか?

40代では不足しがちな「酵素」をゼリーとしておやつに食べると、太らないだけでなく、痩せやすい体になります。

「酵素時間」は、食物繊維とオリゴ糖も配合されているため、便秘解消効果も期待できます。

▼痩せるおやつの詳細はこちらをクリック
酵素時間

ダイエット中でも太らない!おやつ15選まとめ

40代のダイエットは、長期的に行う必要があります。
短期間で痩せる無茶なダイエットは、戻るもの早いからです。

摂取カロリーを減らそうと空腹を我慢するのは、ストレスがかかって長続きしません。
太らないおやつを上手に取り入れて、我慢しないダイエットを長く続けていきましょう。