お酒

・お酒を飲むと太る
・お酒がやめられないから痩せない

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

もちろん、痩せるためにはお酒はやめられたにこしたことはないのですが、無理にやめようとするとストレスになります。

お酒がダイエットによくないのは、主に3つの理由があります。
それを理解して解決することができれば、ダイエット中でもお酒を楽しむことができるんです。

ただでさえストレスのたまるダイエット。
できるだけ好きなことは我慢せずに過ごしたいですよね。

ダイエット中でも太りにくいお酒の飲み方をご紹介します。



お酒がダイエットによくない3つの理由

お酒の糖質が太る原因

お酒がダイエットによくないと言われる、一番の問題は、お酒に含まれる糖質です。

実は、お酒のカロリーは「エンプティカロリー」といって、脂肪になりにくいカロリーです。

アルコールを飲むと、体が熱くなったり、顔が赤くなったりしますよね。
そうやってアルコールを消化・分解・排出するエネルギーでカロリーはほとんど消費できるのです。

お酒のカロリーは身体に吸収されてもすぐにエネルギーとして使われるため、脂肪になりにくい「エンプティカロリー」と呼ばれています。

それに対して、お酒の糖質は脂肪になります。

ビール、日本酒、ワインなど、穀物や果物を発酵させてつくる「醸造酒」や、甘いカクテルなどには糖質がたくさん含まれています。
お酒を飲むとき、これらはできるだけ避けたいお酒です。

一方、焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの「蒸留酒」は、作る工程で糖質がカットされています。
ですから、ダイエット中には「醸造酒」ではなく、「蒸留酒」を選んで飲むようにしましょう。

お酒を飲むと脂肪が吸収されやすい

アルコールを飲むと、体は優先的にアルコールを分解しようとします。
そのとき、体の中にある食べ物は消化が後回しにされてしまいます。

お酒を飲む前、お酒を飲んでいるとき、お酒を飲んだ後に食べた食べ物は、お酒の分解が終わるまで消化されにくいため、脂肪に蓄積されやすいのです。

お酒を飲むと食欲が増す

ビールとおつまみ

お酒を飲むと、食欲が増します。
また、気持ちよくなったり、気分が良くなったり、気持ちが大きくなりますよね。
普段、ダイエットで食事制限をしている人も、酔うとコントロールができなくなり、酔った勢いでたくさん食べてしまいます。

酔うと、お酒のブレーキも効かなくなります。
飲みすぎるとお酒の分解に時間がかかるため、その間に食べた食べ物は消化されにくくなり、ますます脂肪は吸収されやすくなってしまいます。

太らないお酒

ハイボール

ビール、日本酒、ワインなど、穀物や果物を発酵させてつくる「醸造酒」や、甘いカクテルなどには糖質がたくさん含まれているため、太ります。

太らないお酒は、焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの「蒸留酒」です。

飲み会などでお酒が断れないとき、家でお酒が飲みたくなったとき、「蒸留酒」を選んで飲むといいですね。

注意したいのは、「何で割って飲むか?」です。
割るものも、水やウーロン茶、炭酸水など、糖質を含まないものを選ぶ必要があります。
糖質がたっぷり入った甘い飲み物で割ると、蒸留酒を飲む意味がなくなりますので、注意してくださいね。

太りにくいおつまみ

お酒を飲むと食欲が増します。
おつまみの食べすぎには注意したいところです。

お酒のおつまみは、唐揚げやフライドポテトなどの脂質や糖質の多いものを選ぶと、体の脂肪として蓄えられてしまいます。
シメのラーメンやお茶漬けなど、炭水化物も太ります。

アルコールが体内にある間は、食べたものは脂肪に蓄えられやすくなるため、お酒のおつまみは普段の食事以上に気をつけたほうがいいですね。

お酒のおつまみは、糖質や脂質の少ないものを選びましょう。
野菜、海藻、きのこ、糖質の少ない肉や魚、卵、大豆製品などが良いです。

おすすめは、枝豆、お刺身、ミックスナッツ、野菜スティック、だし巻き卵など。
ビタミンやミネラルはアルコール分解を助けるので、太りにくいおつまみを適度に摂るのは良いことです。

飲みすぎに注意

お酒を飲みすぎると、アルコール分解で体が忙しくなり、食べ物を消化しにくくなって、ますます食べ物が脂肪に蓄えられてしまいます。
また、自分をコントロールすることができなくなって、過食になりやすいので、お酒は適量を楽しむようにしましょう。

人によって適量は違いますので、自分の適量を理解して、自分をコントロールできるだけの理性を保てる状態でいましょう。

毎日お酒を飲む人は、週に1日か2日、休肝日作るようにしましょう。
毎日肝臓を働かせていると、肝臓の機能が弱まり、太りやすくなります。
時々休ませることで、アルコールの分解機能を保ち、回復することにつながります。



ダイエット中でもお酒を楽しむコツ

飲み会

アルコールの吸収を緩やかにする食べ物を事前に食べておく

お腹が空いている状態でお酒を飲むと、すぐに酔いが回りますよね。
空腹でアルコールを摂取するのは、体への吸収のスピードが速くなるめ、おすすめできません。
過食の原因になったり、代謝が下がる原因にもなります。
悪酔いしないためにも、おつまみを食べすぎないためにも、前もってアルコールの吸収を抑えてくれるものを食べておくと良いです。

・牛乳、チーズなどの乳製品
・オクラ、納豆、なめこなどのネバネバ食品
・オリーブオイル、エゴマ油などの良質な油

これらを飲む前に食べておくと、アルコールの吸収を抑え、暴飲暴食を防いでくれます。

途中で水やお茶を挟んでアルコールの分解を助ける

お酒には利尿作用があり、アルコールは分解されてから水分とともに排泄されます。
そのため、体の水分量が足りなくなると、アルコール分解機能が低下してしまいます。

また、お酒ばかりを飲んでいると、分解が追いつかなくなり、酔いも回りやすいです。
途中で水やお茶を挟んで、アルコールの分解を助けてもらいましょう。

カロリーオフにも注意する

ダイエットのために「カロリーオフ」「糖質オフ」のアルコールがたくさん販売されています。
しかし、こういった商品にも注意が必要です。

このような商品は、カロリーオフ、糖質オフにしても美味しい味になるよう、人口甘味料や添加物がたくさん使われているからです。

余計な不純物がたくさん使われていると、それを分解するために肝臓に負担なかかってしまいます。
アルコール分解の機能が低下したり、代謝が下がったりする原因となります。

どうせ飲むのなら、不純物たっぷりのアルコールよりも、本物のお酒を少量楽しむのが理想的です。

ダイエット中でもお酒を楽しもう

ダイエットのためには、できればお酒はやめたほうがいいです。
でも、もともとお酒が好きな人が、無理にやめようとするのはストレスがたまって逆効果。

ストレスは太りやすい体を作る原因になるので、できるだけストレスを感じずにダイエットライフを過ごすのが良いですね。
太らないお酒の飲み方があるのですから、お酒が好きな方は無理せずお酒を楽しみましょう。