過食

「イライラすると甘いものを食べ過ぎてしまう!」
「ストレスで過食をしてしまう!」
「夜になると食欲が止まらない!」

こんな症状があるのは、あなただけではありません。
食べてしまうのはあなたの意志が弱いからでもありません。

それは、心と体のSOSサイン。
原因を理解して対策すれば、イライラ食べもストレス太りも解消することができます。

「こんなに食べてしまうなんて!」と、自分を責めないでくださいね。



最初は自分を責めないことから始める

食べ過ぎたことに罪悪感を持ってしまうと、それが更なるストレスとなって、またイライラ食べをしてしまいます。
まずは、自分を責めないことから始めましょう。

食べ過ぎの原因は、心が栄養を欲しがっている、もしくは体が栄養を欲しがっているからです。
あなたの意志が弱いせいではありません。

食べ過ぎても、食べたものがすぐに体脂肪に変わるわけではありません。
次の日から2~3日、食事を控え目にしておけば、すぐに元に戻ります。

「食べ過ぎちゃったけど、明日からの食事でリセットすればいいや」
と、気楽な気持ちでいましょうね。

イライラ食べ、ストレス太りの原因と解消法

ストレス太り

イライラ食べ、ストレス太りをしてしまう人には5つのタイプの原因があります。
自分のイライラ食べ、ストレス太りの原因がわかれば、対策することができますので、あなたがどれに当てはまるのか、チェックしてみてください。
人によっては、2つ、3つの原因が重なっている場合もあります。

糖質摂りすぎタイプ

・お腹がすくとイライラする
・ご飯、パンなどの炭水化物や、甘いものが好き
・疲れやすい
・怒りっぽい
・落ち込みやすい

こんな症状がある人は、「シュガーホリック」の可能性があります。

シュガーホリックとは「砂糖中毒」のことです。
イライラと、糖質への欲求が交互に襲ってくる状態のことです。

糖質は甘いものだけに限りません。
ご飯やパン、麺類などにも多く含まれています。

糖質を摂ると、快感ホルモンであるドーパミンや、幸せホルモンであるセロトニンの分泌が増えます。
甘い物を食べるとホッとするのは、そのためです。

しかし、糖質を大量に摂ると、急激に血糖値を上げ、そのぶん下降も早いのですぐにイライラを引き起こします。
それを抑えるために、また糖質が欲しくなってしまうというわけです。

糖質は摂りすぎると余った糖質をすべて脂肪に変えてしまうため、「シュガーホリック」の人は太りやすい状態といえます。
このタイプの人は、糖質中毒から抜け出す必要があります。

<解消法>

とにかく糖質の摂取を減らしましょう。

1日の理想的な糖質摂取量は、「体重×1g」。
体重60キロの人なら、60gが目安です。

ちなみに、白米にはお茶碗一杯(150g)に、55.7gの糖質が含まれています。
体重60キロの人の場合、これだけで1日分の糖質を摂ってしまうことになります。

最初は辛いかもしれませんが、1~2週間も経つと体が糖質を欲しがらなくなります。
こうなったら、痩せスイッチが入ったようなもの。
「シュガーホリック」は治り、ダイエットも上手くいくようになります。

食事はたんぱく質や野菜を中心に、たっぷり食べてくださいね。

栄養不足タイプ

・朝より夜のほうがイライラしやすい
・夜になると過食をしてしまう
・食事のバランスが悪い
・運動をしているのに痩せない
・風邪をひきやすい

人間の体は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランス良く欲しています。
どれかが栄養不足になると、「もっと食べたい!」と体がSOSサインを出します。

このとき、「食べたいもの」が「必要なもの」とは限らないのがくせものなんです。
体がビタミンを欲していても、野菜が食べたくなるわけではありません。
「とにかく何か食べたい」と強く思い、過食に走ってしまうことがあります。

<解消法>

一日の食事バランスをぜひ見直してみてください。
なにか足りない栄養素があるはずです。
糖質を一切摂っていない、野菜不足になっている、たんぱく質が摂取不足など、栄養バランスがくずれていませんか?

3食の食事で、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをきちんと摂取するように心がけると、自然にイライラや過食が収まってきます。

生理前タイプ

・生理前になるとイライラする
・生理前になると食欲が増える
・生理前になると眠くなる
・生理痛はひどいほうだ
・生理が終わると落ち着く

生理前になると、普段イライラしないことでも腹が立ったり、人に八つ当たりしてしまったり。
これはホルモンバランスの乱れから起こるPMSが原因で起こるイライラです。

また、生理前に食欲が増えるのもホルモンの影響です。

<解消法>

生理前のイライラは、鉄分・ビタミンEの2種類の栄養素を積極的に食べるようにすると改善します。
鉄分は、レバー、赤身肉、貝類、ほうれん草などに多く含まれています。
ビタミンEはせん茶、ひまわり油、ナッツ類などに多く含まれています。

漢方でも改善することができます。
>>生理前のイライラや不快感を改善する漢方

また、普段からたんぱく質、脂質、鉄分などを多く摂取しておくと、生理前が来てもイライラしにくくなります。

貧血タイプ

・ちょっとしたことでも気に障る
・氷やアイスなど冷たいものが好き
・頭痛になりやすい
・階段をのぼると疲れる
・生理の出血量が多い

貧血が原因でイライラすることがあります。
頭痛やめまいなどの症状はありませんか?

貧血の場合はイライラと一緒にその他の症状も出る場合があります。
頭痛、めまい、肩こり、爪が割れやすいなどの症状がある方は、貧血タイプの可能性があります。

<解消法>

鉄分とビタミンCを多く含む食品を摂取しましょう。
ビタミンCは鉄分の吸収を高めてくれる栄養素です。

鉄分は、レバー、赤身肉、貝類、ほうれん草などに多く含まれています。
ビタミンCは、生野菜や果物などに多く含まれています。

貧血を治すことで、生理前のイライラもやわらぐ場合もあります。

セロトニン不足タイプ

・イライラして怒りっぽい
・寝つきが悪い
・日中眠い
・落ち込みやすい
・やる気が起きない

上記のような症状がある人は、セロトニン不足でイライラしている可能性があります。
セロトニンは、別名「幸せホルモン」とよばれていて、心のバランスを整える作用がある神経伝達物質です。

研究によって、セロトニンが不足するとダイエットの弊害になることがわかっています。
セロトニンが不足すると、食欲増大、過食症、睡眠障害、うつ病などの症状がでます。

<解消法>

セロトニンを増やすことが解決方法になります。
セロトニンを増やすには、

・朝日を浴びる
・軽いリズム運動をする
・深呼吸をする
・良く噛んで食べる
・首を回す

などが有効です。

▼詳しくはこちらの記事をお読みください
>>セロトニンを増やしてダイエット【痩せ脳の作り方】



イライラしたときの食べ過ぎを防ぐ4つの食べ方

お菓子

イライラしたら甘いものを少しだけ食べる

甘いものを食べるとストレスが発散できるのは事実なので、イライラしたら、甘いものを少しだけ食べてみましょう。

目の前にあると、ついついたくさん食べてしまう人は、少しだけテーブルに持ってきて、あとは冷蔵庫などに閉まっておきます。

少しだけ食べたら10分待ってみてください。
もうイライラや怒りが収まっているのではないですか?

甘いものを食べると、快感ホルモンであるドーパミンや、幸せホルモンであるセロトニンの分泌が増え、ストレスが軽減できます。
でも、その効果は少量でも十分なのです。

たくさん食べすぎると「シュガーホリック」になってしまうので、あくまでも少しだけがコツですよ。

少量でも満足できるものを食べる

イライラして何か食べたい!と思ったら、いつもより少し高価なものを食べてみましょう。

コンビニよりも、デパ地下。
ファミレスよりも、高級カフェへ。

イライラ食いをしているときは、食べ物を味わっていなくて、美味しいと思っていないことも多いものです。
ただ満腹になるためだけに食べているのです。

そうではなく、美味しいものを味わって食べてみてください。
いつもより少量でも満足感が得られるはずです。

太りにくい食べ物を食べる

イライラ食いをするときに、食べるものを決めておくというのも良い方法です。
炭水化物や甘いものを食べると太ってしまうので、チーズやナッツを食べたり、あたりめなんかも食べ応えがあっておすすめです。

どうしても太るものが食べたい時は量を決めて食べましょう。
たくさん食べたくなるかもしれませんが、「少し食べたら10分様子を見る」がコツですよ。

友達を誘って一緒に食事に行く

友達と一緒に楽しくご飯を食べると、イライラを解消することができます。
一人で食べるときのように、無茶な食べ方もしませんよね。

楽しいことを話したり、グチを聞いてもらうのもいいですね。
楽しいことをしていると、自然と食欲が抑えられ、食べ過ぎを予防することができます。



この記事では、食べ過ぎを防ぐ「食べ方」にフォーカスしましたが、他にも食べ過ぎを防ぐ方法があります。

・体を動かす
・歯磨き、舌磨きをする
・水、または炭酸水を飲む

などなど、食べないようにする工夫もあります。

▼詳しくはこちらの記事をお読みください。
>>どうしても食べたいときの対処法

食べてしまったときのお助けサプリ

もし、過食をしてしまったとき、落ち込むくらいならサプリを飲んでリセットしませんか?

糖質や脂質をカットするサプリを飲むと、食べたものが脂肪になりにくく、ダイエットの手助けをしてくれます。

さすがに過食がなかったことにはなりませんが、少しでも太るのを防いでくれたら、気持ちの切り替えも上手くできますよね。

カット系サプリメントで最もおすすめなのが、「カロリナ酵素プラス」です。
3種類の特許成分が、糖質や脂質をカットし、さらに脂肪が燃えやすくなる成分も含まれています。

▼カロリナ酵素プラスの詳細はこちらから

イライラして食べ過ぎる!ストレス太りの原因と解消法

あなたのイライラの原因を見つけることはできたでしょうか?
ストレス太りを予防するには、まずイライラの原因を探して解消することが大切ですね。

腹の立つことや、頭にくることがあっても、「まぁいいか」と気分を切り替えるようになれたら大成功。

ストレス太りが原因でダイエットが上手くいっていない方は、イライラしなくなれば、過食することもなくなり、自然に痩せていくことができそうですね。