40代が太りやすく痩せにくい理由とは?

「あまり食べていないのに太った!」
「ダイエットしても全然やせない・・・」
「なぜ太るのかわからない」

40代になると、こんな悩みを抱えている人は少なくありません。
私たちの体は40代になると、太りやすい体に変わっていくからです。

体重計に乗る女性

40代が太りやすく痩せにくい理由は、実は「老化」と大きく関係しています。
加齢によって、「基礎代謝が下がる」こと、「痩せホルモンが減る」こと、この2つが太りやすくなる大きな原因です。

若いころは、少し食事制限や運動を頑張れば、すぐに痩せられました。
しかし、老化が始まる40代は、普通のダイエットだけではなかなか痩せられないんですよね。

また、40代になると体に負担のかかる無茶なダイエットも成功しません。
必要な栄養が足りなくなって、老化がすすんでしまったり、より太りやすくなってしまうこともあります。

太らないからだを作るためには「アンチエイジング」にも注目しつつ、長期的に生活習慣を見直していく必要があります。

基礎代謝が下がる


基礎代謝とは、内臓を動かしたり、体温を保ったり、生きていくうえで必要なエネルギーのことです。
特に運動をしなくても、ただ寝ているだけでも消費されるエネルギーです。

40代になると、この基礎代謝が20代に比べて低くなるため、太りやすく痩せにくくなります。
ダイエットといえば、摂取エネルギーを減らすことばかりが注目されますが、40代では基礎代謝を上げる生活をこころがけていきましょう。

>>代謝アップでダイエット!40代が無理なく基礎代謝を上げる5つの習慣とは?

痩せホルモンが減る

痩せホルモンが低下した女性
私たちの体の中では、代謝をアップさせたり、食欲を抑制したりする「痩せホルモン」が活躍しています。
「エストロゲン」や「成長ホルモン」、「メラトニン」などのホルモンたちです。

この「痩せホルモン」は、年齢とともに少しづつ減少していきます。
ストレスやたばこなどでも減少します。
ホルモンの減少は、食事や生活習慣などを見直すことで改善することができます。

>>痩せホルモンを増やしてダイエットしよう

40代が太る最大の原因「老化」を止める3つの方法

「血糖値」を上げない食べ方

サラダを食べる女性
40代では、血糖値を意識して食事を摂ることが大切です。
食事で糖(炭水化物、砂糖など)を摂ると、血糖値が上がり、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。
このインスリンはあまった糖を脂肪としてため込む働きがあるのです。
食事では、急激に血糖値を上げないよう心掛け、インスリンが過剰分泌されないようにしましょう。

・糖質の多い食品(炭水化物・イモ類・甘いもの)はたくさん食べない
・一気に大量に食べない(一口30回以上噛む)
・野菜→たんぱく質→炭水化物の順番で食べる
・体を飢餓状態にしない

>>40代の食べても太らない食事法とは?

体を錆びさせる「酸化」を防ぐ


私たちの体は、生命を維持するために「活性酸素」を発生させています。
この「活性酸素」は、毒性が強く、体を錆びさせ、老化や病気の原因となります。

活性酸素の発生は避けられないものですが、からだは活性酸素を消去する仕組みも持っています。
SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)などの酵素です。

40代では、20代と比べて酵素の量が激減し、老化が加速します。
足りなくなった酵素を補うことで、「酸化」を食い止めていきましょう。
タンパク質、亜鉛、銅、マンガン、ベーターカロチン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、これらの栄養を多く含む食品を摂ることで、酵素の減少を補うことができます。

また、活性酸素を大量発生させないようにすることも大切です。
・たばこ
・お酒の飲みすぎ
・激しい運動
・食べすぎ
・ストレス
これらは、活性酸素の大量発生につながるので気を付けましょう。

「痩せホルモン」の低下を防ぐ

エストロゲン

エストロゲンは女性ホルモンの一つで、中性脂肪の燃焼を助ける働きをもっています。
また、食欲を抑える働きもあるため、一般的にエストロゲンが正常に分泌されていれば、肥満にはなりにくいといわれています。
エストロゲンは「美人ホルモン」とも呼ばれていて、若々しく美しい体を保つのにも役立っています。

40代になるとエストロゲンの分泌が少なくなり、食欲が増えたり、脂肪が燃えにくくなったりします。
エストロゲンの分泌を正常に保つことは、40代ダイエットの大きなポイントになります。

エストロゲンの分泌を増やすには、
・十分な睡眠をとる
・体を冷やさない(血流をよくする)
・大豆イソフラボンを摂る
・プラセンタサプリを摂る
などが有効です。

成長ホルモン

成長ホルモンは、身長を伸ばすホルモンですが、代謝を促す働きも持っていて、ダイエットやアンチエイジングに役立ちます。
エストロゲンと同じく加齢とともに減少してしまうホルモンですが、夜10時~2時の間にたくさん分泌されます。
夜更かしをすると、成長ホルモンの分泌がますます減少してしまいますので、早寝早起きを心掛けて痩せ体質をゲットしたいものです。

メラトニン

メラトニンは夜に多く分泌され、自然な眠りを促すホルモンです。
現代人は生活環境によって、メラトニンの分泌が減っている人が多いです。

メラトニンは睡眠を促すだけでなく、睡眠中に脂肪を燃焼させる働きをもっています。
また、強力な抗酸化作用によって、アンチエイジングの効果も期待できます。

メラトニンの分泌を増やすには、
・毎朝同じ時間に起きて朝日をあびる
・寝る1時間前にはパソコンやスマホを使用しない
・日中、軽い運動をする
などが有効です。

酵素


ホルモンではありませんが、体の中で「酵素」という物質が作られています。
酵素は、消化や代謝を助けるものですが、酵素もまた、年齢とともに減少していきます。

酵素が不足してしまうと代謝が悪くなって、太りやすく痩せにくい体になります。
また、免疫力が低下して病気のリスクを高めたり、シワやシミ、白髪や抜け毛などの老化現象を進行させてしまうともいわれています。

酵素は食べ物などから摂取することができますが、40代では食べ物だけでは不十分なため、酵素スムージーや酵素ドリンク、サプリなどで補うことをおすすめします。

>>40代に人気の酵素ドリンクはこちら

40代のダイエットを成功させるには?

食べても太らない食生活

健康的な食事
40代のダイエットを成功させるには、高たんぱく低糖質のバランスの良い食事を習慣にすることです。
ファスティング(絶食)や、単品ダイエット(バナナダイエットなど)など、栄養不足になる食事法は逆効果。
かえって太りやすく痩せにくい体をつくってしまいます。

食べても太らない食事法をマスターして、痩せ体質を手に入れましょう。

>>40代の食べても太らない食事法とは?

気持ちのいい適度な運動

運動する女性

40代は激しい運動は、体を痛めたり、活性酸素を大量発生させたりするため、おすすめできません。
ストレッチ、ラジオ体操、ウォーキング、軽い筋トレなど、体に負担をかけない適度な運動を心がけましょう。

適度な運動は筋力をアップさせ、血液のめぐりをよくして、基礎代謝を上げ、痩せやすくしてくれます。

>>40代のダイエットに効果的な運動とは?

痩せ体質になる生活習慣

早寝早起きをする

早起き
早寝早起きをすることで、痩せホルモンである「成長ホルモン」や「メラトニン」の分泌を増やすことができます。
特に、夜10時~2時の間に熟睡していると、効果が高いです。
夜10時に寝るのがむずかしい場合でも、寝る時間を1時から0時に、1時間早めるだけでも改善します。
睡眠時間は6~8時間はとるのが理想的です。

お風呂につかる

お風呂
シャワーだけでなく、お風呂につかることで、ダイエット効果が期待できます。
20分以上の半身浴は、脂肪を燃焼させる効果があります。

20分以上入ることがむずかしい場合は、5分だけでもお風呂につかりましょう。
血行を良くして代謝をアップさせたり、冷え性が改善されたりします。
リラックス効果によってストレスが軽減することで、ダイエットに役立ちます。

便秘を治す


私たちの腸内には、約3万種類の腸内細菌が100兆~1000兆個、生息しています。
腸内細菌には、「デブ菌」と「ヤセ菌」がいることがわかってきました。
便秘の人の腸内は「デブ菌」が多いため、便秘を治して腸内環境を改善し、「ヤセ菌」を増やしていきましょう。

便秘の人は基礎代謝が低いこともわかっています。
水溶性食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取するなど、便秘対策は最優先で取り組んでください。

>>便秘を治してダイエットできる青汁はこちら




40代は、「スタイルがよく若々しく見える人」、「オバサン体型で老けて見える人」、どちらに進むのかの分かれ道です。
今、太りにくく老けにくい体を手に入れることで、50代、60代になっても、ずっと元気に若々しく生きていくことができます。
健康的で太りにくい生活習慣は病気になりにくい生活スタイルでもあります。
ぜひ、この機会に、「いつまでも美しく元気に生きるあなた」を手に入れましょう。


▼40代のためのダイエット、人気ランキングはこちら
>>ランキングを見てみる